断乳後に胸がしぼむ?【脇肉キャッチャー口コミ】

断乳後に胸がしぼむのは本当なんでしょうか?その理由や答えをこちらに書いています!
MENU

授乳中は胸が大きくなる?


断乳後に胸が小さくなったり、垂れてしまうのにはしっかりとした原因があります。

 

 

女性は妊娠をすると、女性ホルモンの分泌が多くなります。

 

 

そして出産をむかえるとその分泌は減っていくのですが、授乳を迎えることで、プロラクチンというホルモンの分泌が増えていきます。

 

 

このプロラクチンが増えることで、妊娠中と同じように乳線が発達してバストが大きくなります。

 

 

だから妊娠の時や授乳中は胸が大きくなるんですね。

 

 

でもなぜ授乳をおえて、断乳すると胸がしぼむのでしょうか?

 

 

断乳後に胸がしぼむ原因とは?

 

断乳後に胸がしぼんでしまう原因は、授乳中に増えたプロラクチンが断乳すると一気に減っていくからです。

 

 

それによって乳線が衰えるので、結果的に胸が小さくなったり、垂れてしまうのです。

 

 

また女性ホルモンの分泌もまだ安定していないので、余計にバストが成長しにくい状態にあり、小さいままなことが多いのです。

 

 

そんな断乳後の胸のケアはどうした良いのでしょうか?

 

 

断乳後のしぼんだ胸は戻る?

 

断乳後にしぼんでしまった胸は正しいケアをすれば戻ります。

 

 

特に、垂れてしまった胸を戻すにはナイトブラがおすすめです。

 

 

ナイトブラであれば、授乳後の背中やわきに垂れてしまった胸をしっかりとバストに集めることが出来るのでそれだけバストが大きくなりやすいです。

 

 

断乳後のしぼんだ胸を戻したいなら、是非ナイトブラを使ってみて下さい。

このページの先頭へ